1. HOME>
  2. 図書館について
  3. 使命と目標

使命と目標

ノートルダム清心女子大学は、建学の精神であるキリスト教精神にもとづき、「真・善・美」の追求という、普遍的な真理の学問的探求と教育実践を教育理念とするリベラル・アーツ・カレッジです。
私たちは、教育・研究を通して、専門的知識と幅広い教養をもち、総合的な判断のできる知性と、他者に奉仕する豊かな人間性・社会性を備えた女性を育成することを目指しています。
附属図書館は、本学の掲げる教育理念を実現するために、教育・学習、研究および社会貢献の各活動を、多方面から支援することをその使命とします。
私たちはそのために、以下の目標を掲げ、利用者と共に成長する図書館を目指します。

項目 目標と具体的方策
教育・学習支援
  • 1 人類の知性の全体像をつかめるような蔵書の構築、資料の配置に努める。
  • 2 教育・学習に必要な資料の選書・収集・提供に努める。
    • ・「資料収集方針」及び「選書基準」の明文化
    • ・委員会選書と館員選書の実施
    • ・電子資料の整備
  • 3 主体的、能動的、自発的な学習を支援する。
  • 4 情報を有効に活用できるように、情報リテラシー教育の充実を目指す。
    • ・初年次教育(新入生図書館オリエンテーション等)の実施
    • ・各種ガイダンスの実施
研究支援
  • 1 研究活動に必要な文献や情報の迅速な提供に努める。
    • ・データベース、電子資料・電子コンテンツの整備
  • 2 学内研究者の研究成果の保存と発信を推進する。
    • ・学術機関リポジトリの運用
環境整備
  • 1 国内外の図書館や研究機関との連携により、学術情報の流通に努める。
  • 2 時代の動きや利用者の要求に対応して、機能的かつ快適な施設・設備を整え、教育・学習、研究活動を支える。
情報発信
  • 1 本学の学生・教職員が求める情報を、図書館ホームページで提供する。
  • 2 教育・研究活動を、図書館ホームページで、社会に向けて発信する。
社会貢献
  • 1 人類の知的財産の継承、保存を行うとともに、資料の公開・展示等により、地域・社会に貢献する。
    • ・特殊文庫の管理、運用
    • ・坪田譲治コレクションの管理、運用
  • 2 生涯学習の場となるよう資料・施設の提供に努める。
    • ・生涯学習センターとの連携
    • ・大学祭における展示

私たちは、目標の実践にあたり、ランガナタン「図書館学の五法則」を指針とし、「図書館の自由に関する宣言」(日本図書館協会1979改訂)の理念を遵守します。